Title TOP
JAA >top >ビジネスモデル >ネットワークオークション事業


naviImage


ネットワークオークション事業
Network Auction

ネットワークオークション事業
当社は、当社ネットワークオークション登録会員が店舗や自宅にいながら、インターネットの利用により、当社グループの現車オークション2会場(JAA会場、HAA神戸会場)及び業務提携先の現車オークション会場等に対する在宅応札を可能としたインターネットオークションサービス「JAAWEB」や、携帯電話を利用した「ケータイWEB」のシステムを構築、運営しております。

また、業務提携先のネットワークオークション会員が当社グループの現車オークション2会場に対し、在宅応札できる環境も整備しております。

ネットワークオークション事業の主な営業収入は、「JAAWEB」等のシステム利用料及び在宅応札手数料(落札料に対する割増手数料)であります。


(用語解説)
・ 「在宅応札」とは・・・
現車オークション会場に来場することなく、会員が店舗や自宅にいながら、現車オークション会場のセリに参加する仕組みのこと。


インターネットオークションサービス「JAAWEB」
 
インターネットオークションサービス「JAAWEB」は、当社グループ及び業務提携先の現車オークション会場等の出品車両の情報をインターネットを利用して会員に提供し、一般のPCによる相場データの確認や出品車両の下見を可能としただけでなく、在宅応札によるセリ参加をも可能としたサービスです。

在宅応札機能については、近年のブロードバンドの普及に対応し、従来の指値応札に加え、リアルタイムで現車オークションに直接応札できる「WEBリアル」のサービスを提供しております。

また、オークション開催日以外に、オークションで流札となった車両を即決価格で売買できる「ワンチャンスサービス」(詳細はこちら)の提供も行っております。

2009年6月には、直接応札可能な会場数を大幅に増やした「ゴールドコース」を新設し、会員の多様なニーズへ対応いたしました。

 
(WEBリアル)                    (ワンチャンスサービス)

「JAAWEB」の契約コース

「JAAWEB」では、在宅応札機能(直接応札(WEBリアル)、指値応札)、参加可能会場数、システム利用料、在宅応札手数料等が異なる4つの契約コースを設け、幅広い会員のニーズに対応しております。

Footer Footer